保険の契約の仕組みについて

###Site Name###

保険は非常に分かりにくいと考える人も多いようですが、理解するためには主契約と特約の二つに分けて考えるのが良いです。
例えば死亡に備える保険の場合には定期タイプと終身タイプとがあります。


これが主契約となるのです。

この種契約がどのようになっているのかをまず理解するべきでしょう。

この二つには特徴がありますから、それぞれの特徴や違いを把握しておくことが必要です。



そして、それにいろいろな特約をつけていくということになるのです。



例えば、万が一のときに受け取ることのできる金額があまり大きくないと思ったときには、特約によってその金額を大きくすることができます。


ほかにも、条件を緩和するということもできます。死亡のときだけではなくて、特定の疾病になったときにも、死亡したときと同じようにあつけてもらうということもできるわけです。
中には、まったく異なるものを付加することができるものもあります。

例えば、医療保険に加入しなくても、医療保険としての機能のある特約を付加するということもできるわけです。


このようにしていろいろな特約を付加することができるために便利だと考えられるのですが、そのために複雑になって分かりにくくなってしまうということがあるのです。例えば、終身タイプに定期タイプを特約で付加するということが行われるために、加入しているものが終身タイプなのか定期タイプなのか分からなくなってしまうということもあるようですが、主契約と特約に分けて考えれば分かりやすいのです。